テレワークスポットの基本といえばやっぱりネットカフェになりますよね。最近は完全個室のところも増えて、急なWeb会議も他人の目を気にしなく出来るようになってきました。

緊急事態宣言も解除されて徐々にお客様のオフィスに行って打ち合わせというのも増えてきたある日のこと、

  • お客様先での打ち合わせ連発でランチも食べられず
  • トラブル発生で緊急Web会議開催
  • 「給料日前なのでお金がない」

というトリプルパンチで途方に暮れていた中、目に入ったネットカフェに飛び込んだのでした。それが、天国のへの入口だと知らずに…。

自分が飛び込んだネットカフェは『CUSTOMA CAFE 池袋西口店』。

CUSTOMA CAFE池袋西口店

とりあえず夕方過ぎということで、個室の3時間パックを選択。これで1,000円は正直特段安くも無ければ高くもない一般的な価格。

さすがに平日ということで、部屋のタイプも「リクライニングチェアー」「リクライニングマット」「フラットシート」の3種類から選べました。ちなみに「リクライニングマット」はマットにリクライニングする背もたれが付いているとのこと。Web会議も控えているので、「リクライニングチェア」の席を選択。

ネットカフェによくある「ドリンク飲み放題」ということで、荷物を一旦部屋に置いてからドリンク取りに行きましょう。

鍵付きだけど部屋は狭い…

部屋は各部屋毎に鍵が付いているので、荷物を置いて部屋を離れても安心です。

で、部屋を開けました。

「せ、狭くない?」

CUSTOMA CAFEルーム内

狭いんです。ネットカフェは概して狭いと言われますが、ここはリアルに1畳くらい。

リクライニングチェアがドーンと部屋を占有していて正直座るのも大変です。とは言え、個室だし、仕事ができれば問題ありません。

部屋にはパソコンのモニター兼用のテレビ、リモコン、ヘッドホン、ワイヤレスキーボード、マウス。棚の上にはパソコンとテイッシュ、そして各種配信(DAZNとか)を見るための機械がありました。で、足元にはオットマン。手が届くところにコンセントもあって、実際にリクライニングチェアに座ると案外問題無いこと気づきました。「「起きて半畳寝て一畳」とは昔の人はよく言ったもんだ」なんて関心するくらいです。

意味はわからないが、間違いなく天国!

部屋に用意されたサンダルに履き替えて、荷物を展開してドリンクを取りに行くと普段のネットカフェでは見たことが無いエリアを発見…。

え?何これ??卵が積んである。
よく見ると、ご飯が入ってるジャーと隣にはカレーが。

「天国」ことご飯、カレー、生卵が用意されているスペース

そうなんです、この『CUSTOMA CAFE』ではご飯とカレーと生卵が食べ放題なんです!正直意味が分かりません。オプションじゃないんです、入っているんですよ、ご飯とカレーと生卵のお金が利用料の中に。

衝撃を受けつつも、Web会議の時間が迫っているので急いで部屋に戻り会議に参加。

無事にWeb会議も終わると、解放と一緒に空腹感も襲ってきて優しい言葉かけられた泣きたくなる精神状態ということに気付いた訳で(普段はそんなことありませんよ!)、ということで行きましょうカレーをゲットしに!!

どうやら、電子レンジやお湯が入っているポットも用意されており、外からの持ち込みもOKとのこと。至れり尽くせりすぎじゃない?

ということで、カレーをよそって部屋で頂くことに。

 

シンプルなカレー。これで十分。

「え?普通に美味しい…」

最近流行りのお高めのカレーではなく、昔の立ち食いそば屋でセットで出てきたり、スキー場や海の家に出てくるオーソドックスなカレー。口の中に入れた瞬間「これで良いんだよ」って思わず言葉漏れてくるような安心できる感じ。

これが無料なら全然お得。ちなみに、この後卵を入れてもう1杯カレーを食べてしまいました。

コスパ最強のネットカフェですな

前述したように3時間コースの料金は1,000円。ほぼランチ代で3時間誰にも邪魔されない空間と飲み放題ドリンクとご飯とカレーと生卵が楽しめるだなんて。その上、基本的なネットカフェの要件は全て備えているので、コスパ最強ってなるじゃないですか。そりゃ部屋が狭くても文句は言いませんよ。(ちなみに3時間以上のコースだとシャワーも無料で使えるみたい、どういうこと?)

ちなみに『CUSTOMA CAFE』東京を中心に9店舗を展開しています。店舗によってはカレーなどの食べ放題が無いところもあるので、詳細はサイトを見て確認してください。

これ以降、ネットカフェ探す時はまずは『CUSTOMA CAFE』が近くにあるか探すようになってしまったのです。