自分たちでスポットを探した僕とりんたろー。テーブルと椅子という仕事をするには最適な環境を見つけたけど、釣果は思ったより伸びず就業時間終了。釣ったハゼはリリースせずに料理をするということで移動することに。禁断の飯テロ回スタート!

 

「ちゃんと食べるまでが釣りだろうが!!」という、どこかのドラマで言ってたみたいなセリフを聞いた僕たち。社長が僕たちの釣った魚を料理するため、知り合いのお店のキッチンを借りてくれたとのことで、片付けしてからお店に移動。

 

ということで、こちらがキッチンを使わせていただける『立呑み グレコローマン』(東京都大田区西糀谷4丁目31-13)さん。

場所でいうと京浜急行の糀谷駅から歩いて2分くらい。カウンターのみの立ち呑み形式の居酒屋さんとなります。普段はご近所の皆さんが集まる場所になっているということなのでですが、この時東京都内は緊急事態宣言真っ只中ということで営業自粛中。なのですが、マスターのご好意(と社長のゴリ押し)でキッチンを使わせてもらえる事になったという訳です。

さっそく料理を始めようしたのですが、移動中やる気満々だったりんたろーでしたが、いざ料理をしようと準備を始めると、やっぱり腰が引けて魚に触れないみたい。
普段仕事ではりんたろーにはお世話になっているので、僕が料理をする事になりました!

今回素材そのものを味わうということで、ハゼのから揚げにしていきます。

 

先ずは、バケツからボールに今日の成果のハゼを移します。

ハゼを水道水で洗って、網に移してその上から塩をかけてハゼを揉みます。こうすることでハゼのヌメリと鱗が一緒に取れるということ。

釣られたといっても、今の今までボールの中で泳いでいたので元気いっぱい。その上ヌルヌルしているので、塩が振られているとは言え、何回も僕の手から勢いよく飛び出していきます。

 

僕が生きた魚を塩で揉むというの初めてだったからも知れませんが、塩はあとからちょこちょこ振るよりも、最初からケチらずドカンと振った方が良いように思えました。

 

こんな感じで塩でハゼを揉んでいきます。

小さいハゼで9匹しか釣れなかったとは言え、1匹ずつ塩でもんで鱗を取っていくというのは結構大変です。

 

あぁ、りんたろーが手伝ってくれたらなぁ…。

 

で、塩もみしたあとのやつがこちらです。なんか気持ち白くなった感じがします

 

ここからいよいよ包丁を使っていきます。(苦手な人は完成までジャンプ!

 

頭に左右と上の三方向から包丁を入れます。ここで首は落とさないようにします

首を引っ張ると自然とワタ(内臓)が一緒に引っ張り出されます。思ったより簡単にスルッと引っ張れて、拍子抜けしました。

 

とは言え、さすがに9匹は大変です。

 

あぁ、りんたろーが手伝ってくれたらなぁ…。(2回目)

その後、お腹から包丁を入れます。完全にお腹は開かず途中まででOK。

ちなみに、包丁も当然『グレコローマン』さんのをお借りしたんですけど、本当にこれがよく切れる。プロの包丁って凄いんだと変なところに感心しちゃいました。

ということで、この後もう一度水洗いをしてキレイにしてから衣を付けて揚げるんですが、ここから先はプロのマスターにお願いしちゃいました!!

 

下準備ですが、やってみると案外簡単。でも、本当は社長や『グレコローマン』のマスターが丁寧に教えてくれたからなんですけどね。

そして完成したのがこちら。なんか自分で釣ったものが料理となってお店のテーブルの上に出てくるなんて不思議な気分。(お客さんはいませんが…)

ということで、揚げたてをいたただきまーす!!

 

う、うま~い!!!!!!!

もちろん、プロが作ってくれた上に揚げたてということもあるんですけど、それ以上に自分たちで釣った魚を味わえるこの幸せたるや言葉に表せないですよ。

 

ほとんど魚に触っていない、りんたろーのこの表情どうですか?

その上、これ日柄1日魚釣りだけをしたということではなくて、自分の仕事をきちんとこなしながらの結果ですから。

 

1人で部屋の中で集中して作業するというのももちろん良いですけど、遠くに行かなくても近場でも普段見えなかったや体験出来なかったことを体験できる『ワーケーション』は是非出来るならばやったほうが良いですよ。

 

もちろん、このご時世なので大人数でというのは難しいですが、今回はりんたろーがいたから楽しかったというのは事実なので、可能ならば1人じゃなくて2人の方が倍以上楽しめるんじゃないかと率直に感じた1日でした。

 

ワーケーションが出来るうちの会社っていいなぁ…。

社長
社長
じゃ、次はどこにするか??

 

え?次あるんですか…

 

※撮影時はマスクを外しています。

 

協力:
立ち呑み グレコローマン
(〒144-0035 東京都大田区南蒲田3-12-20)