「暮らしをよくするおもしろいもの」を追求する

「暮らしをよくするおもしろいもの」を追求する

フューブライト・コミュニケーションズは2013年、ICT、IoT、ロボットなどを活用した事業を開始しました。
2017年からはドローン、VR/AR、AIなどの新しい分野の技術にも挑戦し、現在はコロナ禍での新しい生活様式を支える仕組みを作るために奮闘しています。今、私たちが直面している社会の様々な問題を解決し、暮らしの中で役立つおもしろいものを形にしていきたいと思っています。

事業内容